薬剤師が転職を決意する前にやるべき「辞めたい理由チェック」

なぜ今の職場を辞めたいのかを紙に書き出してみる

薬剤師さんが病院、薬局、ドラッグストアなど今働いている職場を辞めたいと思っている時はおそらくなにかしらのストレス状態にあるでしょう。そういうときにそのストレスを解消するために「転職」という選択肢が思いつくものです。

たとえば転職を考えたきっかけは人間関係が問題だとしても、今の職場を辞めたいと思い始めた途端に給料が低い、上司が気に食わない、残業が多い、など全てをマイナスに考えてしまいがちですが、冷静な判断を欠いたまま今の職場を辞めて転職をしても成功する確率が下がります。

なので退職の決意を上司に伝える前に、転職が最善の方法なのか、転職以外に方法はないのかをじっくりと考えることが重要です。転職を考え始めた頃は転職すれば今の不満が解決されると思いがちだがそういうわけでもないですよね。

新しい職場にいけば、どんなに今の職場での経験があっても新入社員となり、他の薬剤師との信頼関係やその職場ならではの仕事も1から覚えなければいけません。転職したらしたで大変なのです。

そこで、本当に転職すべきなのかどうかを考えるためにも辞めたい理由を紙に書き出してみましょう。自分の中に抱え込んでいる辞めたい理由をいったん外に出すことによって、薬剤師としての自分を客観的に見られるようになるはずです。

薬剤師として感じている不満はどの職場でも起こることなのか

薬剤師は職場が病院、薬局、ドラッグストアなどに限られているとはいえ、人間関係や配置転換の問題はどの職場でも起こりえることです。薬剤師の職場は女性が多いわけですから、やはり人間関係の問題も起きやすいのは当然です。実際に人間関係に問題があり転職をする薬剤師さんもたくさんいます。

また、上司との関係に悩んでいるとしたら自分に問題はないのか、関係を改善する方法はないのかをまずは考えましょう。薬剤師として働く限り、人間関係の構築力は特に求められるので少し不満があるから転職するということをしていたら何回も転職することになってしまいます。自分で不満に思うことを改善するために行動をしたかもチェックする必要がありますね。

年収に関する不満も同じです。あと少し年収が高ければ耐えられると女性の場合特に感じてしまうのですが、たとえ年収が上がったとしても今の不満は解消されないでしょう。また年収に対する不満が転職理由となった転職は、お金にこだわりすぎて他の側面が軽視され、そして入社後にその軽視した部分が足を引っ張るというケースが多発しています。

これらの転職理由に共通していることは「不満」です。しかし転職というのは本来「やりたいこと」が今の職場では実現できそうにない、だから転職してそこで実現したい、といったものなのです。地域に根ざした調剤がやりたいなら調剤薬局に転職すれば良いし、調剤だけでなく日用品の販売や管理までやりたいならドラッグストアに行く、それが転職です。

転職は不満が主な理由となってしまうと失敗しやすいのは、その不満はどの職場でも起こり得るため転職してもその不満が解消されないからです。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る