薬剤師派遣会社登録後の薬剤師の派遣として働くまでの流れ

1.薬剤師派遣会社に登録

薬剤師の派遣をやろうと思った際にまず求人を探す必要がありますが、求人探しって面倒ですよね。求人を探す方法は自分で近くの薬局を探すこともできますが、エムスリー、リクナビ、マイナビあたりの薬剤師派遣会社を利用した方が圧倒的に効率的です。

薬剤師派遣会社の会員登録に必要な情報

薬剤師派遣会社は現在20以上存在していますが、その中から自分に合う転職サイトに登録しましょう。会員登録の際には、氏名と連絡先、そして希望エリア、希望業種(病院、薬局、ドラッグストア)、いつから派遣薬剤師をやるつもりなのか、(よい求人があればいつでも、3ヶ月以内、6ヶ月以内、12ヶ月以内、1年以上)を入力するのみです。

薬剤師派遣会社が無料な理由にもあるように、派遣の求人をお探しの薬剤師さんが費用を払う事は一切ありません。

もちろん希望条件の変更はできますし、この次の転職コンサルタントの面談で得られる情報次第で条件を変更しても全く問題なしです。

2.派遣会社の転職コンサルタントとの面接

会員登録が終わると、数日以内に登録した転職サイトから連絡が来てメールか電話かは転職会社次第ですが、面接の日程調整を行います。

もし今すぐ求人を紹介をしてほしいという場合はすぐに面接をした方が良いかもしれませんが、派遣薬剤師として働くまで時間がある場合は電話でその旨と、希望の求人の条件だけ伝えてもし見つかれば紹介してほしいと連絡しておけば大丈夫です。

面接の形式については、転職サイトを運営している会社のオフィスで面談、忙しい人は電話で面談、出張カウンセリング面談あります。

平日は厳しい薬剤師さんのために土日もOKの会社も多数あるので、平日は面談に行けない薬剤師さんも安心です。

転職コンサルタントとの面談内容

面談とはいっても選考でも何でもありませんし、会社側からみれば薬剤師さんがクライアントなわけですからリラックスしていきましょう。

面談では、自己紹介・過去の経歴・派遣をやろうと思ったきっかけ・エリア・職場・給与などの条件のヒアリングが主な内容です。

ただ、面談をするだけでも薬剤師さんにとってかなりのメリットがあります。派遣の相場やメリット注意点、どういう薬剤師が多いのか、職場による違い、さらに派遣の場合子供の成長に応じて正社員に戻る人もいるので、キャリアプランのアドバイスももらえるんです。

なんせ転職コンサルタントはいままでに何人もの薬剤師さんの転職支援、求人紹介をしているし、転職、派遣に関する膨大な情報を保有しているので、面談をして情報提供してもらうだけでも価値がありますよ。

3.薬剤師派遣会社から求人が紹介され条件に合えば応募

面談や電話で希望の条件を伝えてあるはずなので、登録した薬剤師派遣会社から条件に合う求人が見つかり次第紹介されます。

条件に合う求人を紹介され、もし本当に働きたいというのがあれば求人に応募、書類選考へ進みます。

書類選考を通過すると、次は面接。ここでも面倒な企業との面接日程の調整がありますが、転職コンサルタントが代理でやってくれますし、実際に面談を行います。

ここで不安なのが給与や勤務時間などの条件交渉となりますが、希望すれば転職コンサルタントも同席してくれるので安心ですね。そのあと内定、入社という流れになります。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る