薬剤師が初めて転職する時に注意したい転職して入社した職場で感じるギャップ

薬剤師が転職後にギャップを感じるのはある程度しょうがない

薬剤師は転職する際他の職種の人と違って、実際に転職先にお客として足を運ぶことができますよね。薬局に転職予定なら、その薬局に患者さんとして薬をもらいに行けば良いですし。

実際に足を運ぶといった転職先に関する事前の情報収集が重要ですが、自分の期待と転職先のギャップはなるべく小さくしておくに越したことはありません。しかしながらどれだけ緻密に情報収集をしたとしてもギャップをゼロにすることは不可能です。

やはり実際に働き始めてからその職場について理解できることは非常に多いです。例えば、薬剤師の退職理由として必ず上位にあがってくる「職場での人間関係」というものがあります。人間関係については、いくら事前に説明を受けたところで実態はわかるものではないでしょう。

入社して実際に経験してはじめて自分に合うかどうかわかるものです。「なんとなく」転職する薬剤師ではなく、成功法則に基づいて転職する人でさえ新しい職場には期待を持つものです。そしてそれは自然なことです。

ましてや自分が意思決定して転職するわけですから自分の意思決定が間違っていなかった、退職して良かったと正当化もしたくなりますよね。これは特にはじめての転職で起こりやすいことです。

期待を裏切られると失望に変わりますが、この失望があまりに大きいことは望ましくありません。ですからなるべくギャップをゼロにするだけでなく、何か必ず期待はずれのことがある、予測できないことがある、という心構えを待って入社するくらいが良いでしょう。

薬剤師派遣会社が念入りに採用条件を確認するわけ

また入社後にギャップを感じることの最悪なこととして採用条件とのギャップがありえます。採用条件が実際の転職後の条件と違っていたらそれは大変なことです。

労働基準法では、会社は労働契約をする際に労働者に労働条件を明示することを求めており、契約の期間、就業場所、業務、始業就業時刻、残業、賃金、昇給、退職に関することは絶対的明示事項と呼ばれ、書面にて労働者に交付しなければいけません。

万が一これを医療期間側が交付しないと問題が起こることです。ただ、薬剤師派遣会社を通して転職する場合はこのへんの心配はほぼありません。直接採用条件に関する確認を転職先と本人がしなければいけない場合に比べて、人材紹介会社経由で転職する場合はこの点がらくになります。

なぜかというと、採用条件については薬剤師派遣会社が間に入って調整してくれるからです。誤った採用条件を平気で求職者に紹介するような会社であれば長期的に信用をなくして求職者が集まらなくなってしまうからです。

たとえば、3ヶ月以内に転職した薬剤師が転職先から退職してしまうと薬剤師派遣会社は成功報酬の一部を返金しなければなりません。そうした早期退職の原因は「採用条件が違っていた」と転職者が言い出すことが原因であることが多いのです。

そのリスクを避けるためにも薬剤師派遣会社は会社側と転職がが採用条件について食い違っていると思わないように念には念を入れて採用条件の確認をするのです。

ですから採用条件に食い違いがないかということが心配があるのであれば薬剤師派遣会社を通して転職したほうが安全なのです。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る