ドラッグストアの派遣薬剤師は時給3500円以上でパートよりも稼げる?

ドラッグストア勤務の派遣・パート薬剤師の時給

派遣・パートとはいえドラッグストア、調剤薬局、病院などどこで働くかは復職、働き方を変えようと考えている薬剤師さんにとって非常に重要なことです。なので今回は派遣・パート薬剤師として働こうと思っている方向けにドラッグストアで働くメリットデメリット,派遣・パートの時給について紹介していきます。

ドラッグストアに勤務する派遣・パート薬剤師の仕事は、薬剤師のみができる仕事と薬剤師以外でもできる仕事に分けられます。注意する必要があるのは、薬剤師以外でもできる仕事をやらなきゃいけないのがドラッグストアの薬剤師なんですね。。

まずは気になる時給から確認していきます。薬剤師の場合、パートと派遣で時給に結構開きがあるのでそのあたりも比較していきますね。実際に薬剤師求人サイトにあがっているドラッグストアのパート薬剤師の求人を見てみました。

時給2000円のドラッグストアのパート薬剤師の求人

ドラッグストアのパート薬剤師の求人

リクナビ薬剤師で検索してでてきた東京都国立市の調剤併設のドラッグストアの求人です。未経験からもOKだそうです。

洗足駅から徒歩1分のドラッグストアのパート薬剤師の求人

ドラッグストアのパート薬剤師の求人

こちらは薬キャリに掲載されているドラッグストアのパート薬剤師の求人です。時給は2000円、大手ドラッグストアでOTC販売の仕事です。

時給3500円以上のドラッグストアの派遣薬剤師の求人

ドラッグストアの派遣薬剤師の求人

これはファルマスタッフに掲載されている水戸市の派遣薬剤師の求人で、時給はなんと3500円〜4000円。薬剤師の場合、地方のドラッグストアや薬局は時給が3500円以上となるところも非常に多く、短期間派遣として働く人も増えてきました。

時給3000円、調剤併設型のドラッグストアの派遣薬剤師の求人

ドラッグストアの派遣薬剤師の求人

薬キャリのドラッグストアの派遣薬剤師の求人です。調剤にこだわりたい方は調剤併設のドラッグストアで働くという選択肢もあります。時給も3000円と割高です。

ドラッグストアで薬剤資格がなければできない仕事

薬剤師資格がなければできない仕事としては、OTC(第1類)、調剤業務(調剤併設型ドラッグストアの場合)が挙げられます。ロキソニンなどの医薬品は薬剤師の資格がないと販売できない薬なのです。

これらの薬剤師資格がないと販売できない医薬品(第一類のOTC)は、薬剤師資格を保持しない人が販売すると法律で罰せられますが、ドラッグストアの売上の上位を占めています。ですので、その売上を支える医薬品を販売するためにドラッグストアは薬剤師の確保が必要です。。

したがってお客さまとの積極的なコミュニケーションも大切な仕事のひとつです。健康についての身近な相談者として、生活習慣の改善、健康管理や一般用医薬品などについて、お客さまから相談を受ける機会も多くなります。ドラッグストアで働く薬剤師は、一般の消費者にとって最も身近に感じられる薬剤師ではないでしょうか。

ドラッグストアで薬剤師資格がなくてもできる仕事

一方、ドラッグストアで薬剤師資格がなくてもできる仕事がたくさんあり、当然薬剤師も本業とは関係がありませんがやらなければなりません。

例えば、 商品の在庫管理・品出し・発注、スタッフの採用、シフト管理、レジ・カウンター、薬剤師資格がなくても販売できる医薬品の販売などですね。

ドラッグストアは、店舗運営と商品販売が主な仕事となるので、バイトがやるような仕事も業務に含まれます。また、正社員としてドラッグストアに採用されると店長業務をやることも多々あります。つまり、店舗の経営全般の仕事をやる必要がでてきます。店舗の売上状況や数値管理、バイトのシフト管理ももちろんそれに含まれます。

ドラッグストアの薬剤師のデメリットは、薬剤師としての本業以外の仕事内容があることです。

派遣・パート薬剤師としてドラッグストアで働くメリット

派遣薬剤師の職場は調剤薬局、病院、製薬会社などありますが、ドラッグストアで働くメリットとは何でしょうか?1番大きなメリットは店舗の経営まで幅広い業務を行えることです。薬剤師さんの中にもいろんなタイプの人がいて、経営までやりたい人もいれば調剤に専念したい人もいます。

薬剤師としての勤務に加え、店舗管理まで行い人にとっては最適な職場と言えるでしょう。経験を積んで、将来は度独立・開業を目指す事もできます。

他には、OTC販売の経験が積める、接客機会が多くお客とのコミュニケーションが多いといったところでしょう。そして調剤薬局や病院と比較しても給料は高めとなっています。

地域の人々の暮らしや健康を守る大切な拠点としてドラッグストアを運営し、日々様々な人の悩みを解決しながら人々の生活に密着した存在として仕事をしていくことは、それ自体が大きなやりがいでもありますし、店舗マネジメントやマーケティングセンスなど、ビジネススキルを磨くことができます。

派遣・パート薬剤師としてドラッグストアで働くデメリット

ドラッグストアで働くメリットに、薬剤師としての本業以外の業務もできるとありましたが、そのような業務を好まない人にとっては医薬品以外の業務は大きなデメリットとなります。薬剤師の専門性を生かしきれないですからね。商品の在庫管理や店舗マネジメント、接客・レジ業務など、薬剤師資格とは関係ない業務もかなりのボリュームを占めるため、そのことをしっかりと理解しておかないと、大きなギャップを感じてしまうでしょう。

業務が幅広すぎて、かえって大きな負荷となるケースもあるので注意が必要です。また、1店舗に薬剤師の数が1人だけというケースも決して珍しくありません。 店舗に薬剤師が自分しかいないと、必然的に第一類医薬品の販売対応や調剤業務などは全て自分が担当することになる上、ドラッグストアは24時間365日営業の店舗も多いので、どうしても休みが取りづらくなってきます。

他にも給料は頭打ち傾向であるなど、ドラッグストアならではのデメリットもあるので、
ドラッグストアへの転職を考える場合には、求人先企業の勤務条件や薬剤師の配置体制などについて事前にしっかりと確認をしておくことをおすすめします。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る