薬剤師の派遣の3つのデメリット(更新、ボーナスなど)

派遣薬剤師の最大のデメリットは契約の更新

派遣薬剤師のメリットにあるように、派遣薬剤師は働きやすい上に高時給な上に残業もほとんどないという利点がありましたね。今度は逆に薬剤師の派遣のデメリットについて解説します。

薬剤師の派遣の代表的なデメリットとしては、自分から契約を更新できないことです。派遣薬剤師の契約は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月など期間が決まっています。その契約期間が修了したとき、薬剤師さん側がどんなに契約を更新したい場合でも、会社の都合により契約を打ち切りにするとなればそれを受け入れるしかありません。

ですので、一つの職場で長く働く事はかなり難しいです。せっかく仲の良い職場友達やママ友達ができたいr、時給や勤務日などで納得いく働き方ができていても自ら契約を更新することができないのが薬剤師の派遣の最大のデメリットでしょう。

ボーナスのない薬剤師の派遣

薬剤師の派遣は正社員と異なり基本ボーナスがありません。ですので派遣とはいえどんなに活躍しても働いた時間以外の給与は出ません。派遣薬剤師の中には時給3500円以上の求人もありますが、正社員にはボーナスがあるので結局のところ正社員より年収が高くなるのはかなり難しいです。

また働いた時間で給与が決まるので、固定で入る曜日が祝日などで休みになると給与が減ります。高時給の求人は交通費が自己負担のケースがあるので、注意する必要があります。

派遣薬剤師は勝手に退職がほぼできない

薬剤師の派遣では、派遣会社と一定期間の契約を結びます。そのため契約期間中、よほどの理由がない限り派遣薬剤師側から契約を切ることはできません。もし契約中に退職するようなことがあると、派遣会社との関係があり次の派遣の仕事を紹介してもらいづらくなるので注意が必要です。

一度派遣の契約を結んだら、簡単には退職できず契約期間を全うするしかないということは派遣をやる上で理解しておく必要がありますね。

派遣薬剤師のメリットとデメリットを比較

派遣薬剤師のデメリットをまとめると、契約の更新を自分からできない、ボーナスがない、勝手に退職ができないが主な3つです。もちろんその分働きやすく高時給で働けるというメリットもありますので、薬剤師の派遣のデメリットも理解した上で求人に応募するのが良いと言えるでしょう。

派遣という働き方はやはりお子さんをお持ちのママに向いています。ママ薬剤師として職場復帰したい、一定期間働きたい方には最適です。そのママ薬剤師にめっぽう強い転職エージェントはエムスリー。検索するときにママ薬剤師という項目があるので、検索結果もママにふさわしいものが出てきます。そろそろ働き始めようかなという方はぜひ無料会員登録して求人を探してみてはいかがでしょうか?






おすすめ記事

ページ上部へ戻る