意思決定がくるくる変わる薬剤師は転職活動で悪い転職をする可能性あり

転職には必ずデメリットもあるということを自覚する

薬剤師に限らず、キャリアに関する意思決定は誰にとっても簡単なものではないですし大いに悩むのは自然なことです。それでも意思決定をする際は、勇気も必要ですしうまい下手があるものです。

薬剤師がいきなり転職したいと感じた時に出てくる転職理由は面接では使えない?にもあるように、転職の軸がぶれていないと転職活動がうまくいきづらいのは当然ですが、転職するかしないかを決める力、というのも転職に成功するのかどうか大きく左右されます。

決めるためには、何事にもメリットとデメリットがあるという姿勢が重要です。年収を上げたい、病院から調剤薬局へ転職したい、派遣薬剤師として働く、正社員として復職する、女性が多い薬剤師さんは結婚や出産、子育てと向き合いながら薬剤師としてのキャリアを積んでいきます。

環境を変えるということは時間が奪われたり、人間関係がうまくいかなったり、福利厚生が前より悪くなったりと、メリットの分デメリットもあることを意味します。それを見て見ぬ振りをして転職の広報先に少しでも嫌なところを見つけると転職をしぶるようでは、ないものねだりのままで良い意思決定ができないでしょう。

意思決定がぶれる薬剤師は条件の悪い転職をしてしまう

意思決定が下手な薬剤師のもう一つの特徴は、「転職先の条件がくるくる変わること」です。転職活動をしていても、転職理由はもちろんのこと、転職先の選択理由が曖昧内なので、キャリアコンサルタントに求人を紹介されてもなかなか良いと思えるのがなかったり、気づいたら転職をしたいけれどどういう職場に転職したいのかよくわからなくなってしまったということもあります。

転職理由と希望する条件が曖昧なまま転職すると、決まった転職先は似たような職場で待遇が下がってしまうこともあります。職場に退職を伝えてから転職をするとやっぱりやめますとも言えず、とりあえず内定をもらった職場に転職せざるを得ないので、給料が下がってしまうこともあるのです。

そういう場合、薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントはそういう薬剤師に対して「そもそも転職理由が最初と変わってしまっているんで、転職は思いとどまったほうがよろしいのではないでしょうか?」とアドバイスをするものの、結局転職してしまうケースが多いのです。とにかく現状から逃げたいという思いで転職してしまうのです。

意思決定がぶれる理由は転職活動の軸が不明確なせいでしょう。軸がはっきりしないので、いろいろな条件を考えていくとどのような優先順位をつけていいのかわからなくなってしまうのです。

年収アップの転職をする薬剤師が注意したいこと

転職活動における軸、優先したい条件が定まっていない時に、キャリアコンサルタントから求人を紹介されて早々と転職を決めてしまうのも注意が必要です。「この職場からとにかく逃げたいけれど、年収アップしたらなおうれしい」という思いでふわーっとした転職理由でも、場合によっては内定がとれることもありますし、それによって年収アップを実現できる可能性もあります。

ただそういうときは労働時間や実務内容、などの金銭面以外の待遇や福利厚生をよく聞かないまま内定承諾してしまうケースがあります。やはりお金にとびついてしまうと、入社してから知らされていなかったことで後悔したり、給料がそこまで重要ではなかったと気づいたりするものですので、年収アップが実現できそうでも複数の求人を比較して決めることが重要でしょう。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る