ジェネリック医薬品にするとどれくらい安くなるのか

ジェネリック医薬品は新薬のおよそ半額程度

2010年からは多くの新薬の特許期間が切れ、ジェネリック医薬品が登場する年が到来しまsちあ、ジェネリック医薬品は、新薬の価格の7割から2割に抑えられていて、およそ半額程度なので高血圧や脂質異常病、糖尿病などの薬代の負担にあえいでいた方には朗報なんですね。

薬の値段は他の商品と違って日本では国が定める公定価格が決められています。この薬の公定価格のことを『薬価』といいましたね。薬価は新薬の場合、特許期間中は高く設定されています。ところが新薬の特許がきれると、ジェネリック医薬品には新薬の7割の薬価がつけられます。

そしてその価格からスタートしてその後2年に1回の薬価の改定で、市場調査で調べた実際の価格にあわせてどんどん薬価が下がっていきます。ただあまり下がりすぎるとコスト割れして誰もジェネリック医薬品をせいぞいうしてくれなくなりますから、最低価格は新薬のの2割と決められています。このためジェネリック医薬品は新薬の7割から2割の値段がついているわけです。

ジェネリック医薬品差額通知システム

ではどのくらい安くなるのか確認しましょう。最近では国民健康保険や健康保険などの保険者が加入者に向けてジェネリック医薬品差額通知システムというのを始めました。

これは財政的にピンチになった保険者が加入者に対して「もしあなたの飲んでいる薬をジェネリック医薬品にかえたらこれくらい安くなりますよ」という通知を行ってジェネリック医薬品を使ってもらって医療費を節約しようという制度です。

当然人によりますが、ジェネリック医薬品にかえた場合、月の薬代が5000円以上下がる場合も多々あるので、そんなに安くなるんだったらジェネリック医薬品にかえてみようかなと患者さんもなりやすいですよね。また患者さんがジェネリック医薬品を服用することによって、年間1億円以上の医療費の削減を実現した市区町村もあるのです。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る