初めての転職活動で大失敗しないために知っておくべき「面接」の常識

転職活動における面接を勘違いしない

採用面接とはどういう場か、実は誤解している薬剤師さんが大勢います。面接とは、自分のことを理解してもらい、評価を受ける場だと思っているのです。ある意味間違ってはいませんが、それを前提として面接に臨むと自分が伝えたいことだけを採用側に押し付ける「一方通行」の面接となってしまうのです。

面接とは相手(求人企業)のニーズをふまえ、自分がそれにマッチする人材であることをプレゼンテーションする場です。あなたが自信を持っている経験やスキルをいくらアピールしたところで、相手側がそれを求めていなければ受け入れられません。

そこで事前に面接を受ける企業、薬局、病院と自分のキャリアの棚卸を行う必要があるのですね。そして面接は企業側から一方的に評価される場でもありません。

自分にとって転職において譲れない条件を満たし、かつ薬剤師さんがやりたいことができる場所なのかどうかを見極める場でもあります。転職はそう簡単にできるものでもないので、薬剤師さんが気になること、不安な点についてはどんどん質問しましょう。

面接で絶対にはなすことをいくつか決める

相手が経験豊富な採用担当者であれば質問の投げ方や掘り下げ方がうまく、薬剤師さんが転職したい理由や、新しい職場でやりたいことについてうまく引き出してくれるかもしれません。

しかし多くの場合薬剤師さんの面接を行うのは面接に慣れていない採用担当者です。面接担当者は1通り質問をして、応募する薬剤師も聞かれるがまま答えるという表面的なやりとりだけで時間が過ぎてしまい、伝えたいことを十分に伝えられなかったというケースが多々あります。

ですので、事前に面接の流れをイメージしたり、転職支援会社のコンサルタントに面接のサポートをしてもらうのも有効です。

また、想定していた質問がされない可能性も十分あるので、面接の時間に「これだけは伝える」ということをいくつか決めておき、それは絶対に面接で話す、というのはかなり使えるテクニックなので、選考を受ける企業の研究や自分の分析から、何を話すか決めておくと良いでしょう。






おすすめ記事

ページ上部へ戻る