業界最大手の調剤薬局3社は「アインファマシーズ」・「日本調剤」・さくら薬局を運営する「クラフト」

アイン薬局を運営する薬局業界最大手の「アインファーマシーズ」

派遣薬剤師の職場となるアイン薬局
アインファーマシーズ薬局業界最大手で、北海道から九州まで621店舗を融資、文字通り全国チェーンに成長。セブン&アイと業務提携を結ぶなど調剤以外の事業にも意欲を示しています。

アイングループは調剤事業、物販事業を中心にてがけており、その業界最大手の売上を支えるのが旺盛な新規出店とM&Aでグループ会社の業務集中とスケールメリットによって収益力を高めています。過去5年間贈収益を維持しておりグループの連結売上高は2013年3月期決算で1545億円となっており、その9割近くが調剤事業によるものです。

グループ会社にはアインメディオ、あさひ調剤、ジェネリック医薬品卸のホールセールスターズ、セブン&アイの合弁会社セブンヘルスケアなどがあります。

調剤薬局事業では、調剤過御防止システム、薬剤師の資質向上のための教育システム、患者に対するホスピタリティの3点を重視しているのが特徴。まず過誤防止では、同社と機器メーカーが共同開発した「PhAinシステム」が威力を発揮します。

レセコンに入力された情報をシステム上で解析し、薬袋作成、錠剤ピッキング、散在・水剤の計量調剤など、調剤のシーンヘデータを送り、バーコードやあらかじめ登録されているマスターと照合することで調剤過誤を防止する仕組みです。

このほか小児の体重から薬用量を自動監視する日本初のシステム「G-Set」や全自動散薬分包機などを各店に導入。

教育システムでは入社直後には社会人研修、OJT研修、二次研修があり、入社2年目になると新人研修のインストラクター研修、さらに3年目のフォローアップ研修と続きます。同社では入社して3年間は新人として位置づけています。

薬剤師の求人・転職なら薬キャリ

全国に日本調剤薬局を運営する「日本調剤」

派遣薬剤師の職場となる日本調剤薬局

日本調剤はは日本全国に医師と薬剤師双方が専門家として患者さまの健康管理にあたる医薬分業を広める」を理念とし、北海道から沖縄まで全国47都道府県に薬局を展開しています。

2006年には東証1部上場企業となり、グループ総店舗数は466店舗(2013年度)となっており、日本の調剤薬局のリーディング企業へと成長しています。2013年3月期の決算では売上1394億円となっています。

日本調剤で特徴的なのは、ジェネリック医薬品の使用促進の取り組みが他者に抜きん出ていることです。2006年に設立したジェネリック医薬品の製造子会社である日本ジェネリックが全国流通網の強みを発揮して同社グループの日本調剤薬局向けはもちろんのこと、全国の医療期間・調剤薬局に対して積極的に販売活動を行い、売上拡大をはかっています。

教育研修にも力を入れており、これからの薬剤師は薬学知識だけでなく医師や患者とのコミュニケーション力や店舗運営のための管理能力など、幅広い総合的な能力の高さが求められる事から薬剤師研修を最優先課題と捉えています。

各支店に教育情報部を設置し、選任の教育スタッフが薬学知識、店舗管理知識、理念教育の3つを柱に積極活動しています。

薬剤師の求人・転職なら薬キャリ

さくら薬局を運営する「クラフト」

派遣薬剤師の職場となるさくら薬局
クラフトは、現在は「さくら薬局」の薬局名で関東エリアを中心に北海道、関西方面に展開し、店舗数は350店舗、年間売上高は1215億(2013年3月期)と業界第3位の地位を確保しています。

クラフトの特徴は、患者や医療機関から「選ばれる薬局」を目指しそのための店舗展開をしてきたことにあります。患者から支持される薬局とは何か、医療機関から信頼される薬局とは何かを追求する企業の姿勢が今日のクラフトを築き上げたのです。

さくら薬局は基幹病院や中小病院、さらに診療所の近隣のほか、街中にも開局しています。医療機関との信頼関係を保ちながら便利な立地を選択し、ドミナント出店をしているのです。またさくら薬局は全店でOTC薬も取り扱っています。

患者のニーズは医療機関にかかるだけでなく、OTC薬を使ったせ不メディケーションにもあることを意識しているからです。取り扱うOTC薬は数百アイテム。

一般に調剤薬局の薬剤師はOTC薬を扱う事に抵抗がありますが、さくら薬局の薬剤師は当然のこととして対応しています。

さくら薬局はいつも清潔、親切丁寧、明るい笑顔をもとに患者サービスを提供していますが、これを裏付けているのが患者との約束事を大事にする姿勢です。最も気になる待ち時間は処方箋内容から「何分後」と明確に伝えています。

来局したときに薬ができる時間がわかることで患者が安心感を持つのです。一部店舗ではいったん外出しても携帯電話でお知らせする「さくらコール」のシステムを導入しています。

患者対応では大型薬局、中型薬局にはフロアテンダントを配置して患者の案内のほか疑問や不安に思ったことなどを気軽に聞く事ができる体制を整えています。また待合室には血圧計、骨密度・体組測定器などをおいて気軽に利用できるような配慮もなされています。

薬剤師の求人・転職なら薬キャリ


業界大手の調剤薬局へ転職を考えているのなら薬剤師求人サイトを利用

大手薬剤師転職サイトを利用する3つのメリット

アインファーマシーズ,日本調剤,クラフトなどの調剤薬局に正社員として転職しようとしている、パートや派遣として復職しようとお考えの薬剤師さんは、調剤薬局の高年収・高時給の求人に強いマイナビ薬剤師」 「薬キャリ」 「ファルマスタッフで実際に求人探しをしてみると良いでしょう。

転職するからには年収アップを実現したいのは当然ですが、自分の希望に合う勤務地、年収、勤務時間で募集を出している職場の求人を見つけるのはそんなに簡単ではありません。

ただ「マイナビ薬剤師」「薬キャリ」などの薬剤師転職サイトを利用すれば自分の希望の条件に合う求人だけを紹介してもらえるため自分で探すより簡単で、薬剤師さんは紹介された求人だけを確認すればOKです。

要するに今よりも年収が上がる求人だけをメールで紹介してくれるんですね。

そろそろ転職しようかな、今すぐではなくても1年以内に転職する可能性がある方はまず以下の業界大手薬剤師転職サイトに無料会員登録して実際に勤務可能な地域に高待遇の求人があるか検索してみてはいかがでしょうか?

1.業界最大級の求人数、利用者満足度94%を誇る「薬キャリ」

東証一部上場企業のエムスリーキャリアが運営する「薬キャリは業界最大級、利用者が9万人を超え、満足度94%越えの薬剤師求人サイト。残業ゼロ、土日休み、時給2500円のパート薬剤師、時給3500円以上の派遣薬剤師の求人を多数保有。薬キャリ利用者の94%近くが「満足した」と回答。検索条件が豊富でママ薬剤師歓迎の求人を一発検索できます。



2.安定と信頼のマイナビグループが運営する「マイナビ薬剤師」

「マイナビ薬剤師」は年間200万人以上の求職者が利用するマイナビグループの薬剤師専門の求人サイトで、利用者満足は3年連続NO.1で信頼と実績は十分。全国各都道府県の求人をカバーし年収700万以上、時給2500円の高待遇求人を多数保有。職場の評判、雰囲気まで一元管理しているため気になる求人の詳細をマイナビ薬剤師のコンサルタントに確認できます。



日本調剤グループで調剤薬局の求人に強い「ファルマスタッフ」

日本調剤グループの薬剤師求人サイト「ファルマスタッフ」は薬局を運営しているだけあり調剤薬局の求人に強く、高年収の正社員求人に加え地方の派遣薬剤師の求人は時給4000円以上もあり。派遣だけで業界最大級10,000件の求人を揃えています。有給68.8%、育児休暇も取得可能、長期派遣の実績もあり。調剤薬局への転職や派遣での勤務をお考えならまず登録すべき求人サイト。



4.人材業界最大手のリクルートグループが運営する「リクナビ薬剤師」

リクルートグループの薬剤師専門の求人サイト「リクナビ薬剤師」は全体の7割がリクナビ薬剤師限定求人で、薬剤師一人一人のニーズに合わせた対応に定評があります。全国35,000件の求人を揃え、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが復職をサポート。情報収集目的の登録もありです。



5.時給2700円を最低保証する「ファルキャリア」

「ファルメイト」は関東・関西を中心に薬剤師の派遣事業を行っているサービスで、関東エリアなら時給2800円、関西エリアなら時給2700円を保証しているので確実に高時給で働きたい薬剤師さん向けの求人サイトです。子育て真っ最中、子育てが落ち着いたママ薬剤師の「車通勤したい」「18時には帰りたい」「ブランク明けなので徐々に業務を」といった要望に合う求人を薬剤師さんの代わりに探してくれます。









おすすめ記事

ページ上部へ戻る